公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
大学評価
短期大学認証評価
法科大学院認証評価
経営系専門職大学院認証評価
公共政策系専門職大学院認証評価
公衆衛生系専門職大学院認証評価
知的財産専門職大学院認証評価
グローバル・コミュニケーション系専門職大学院認証評価
獣医学教育評価
評価手数料
評価実務説明会
評価に関する諸規程
正会員資格判定
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

評価手数料

評価手数料について

大学基準協会が実施する大学評価、短期大学認証評価、専門職大学院認証評価を受ける場合、下記の評価手数料を納入いただきます。
納入期日は、いずれも評価を受けられる年度の5月末日となります。

(1)大学評価 

1大学
2,000,000円
1学部あたり
350,000円
1研究科あたり
350,000円

(2)短期大学認証評価

1短期大学
2,000,000円
1学科あたり
200,000円
正会員でない大学、および短期大学の場合は、(1)、および(2)の額に、当該大学が正会員になった場合の正会員費の5倍に相当する額を評価手数料に加算します。
正会員費については、こちらをご覧ください。

(3)専門職大学院認証評価

1専攻
3,500,000円
(1)~(3)の評価手数料には、別途消費税を申し受けます。
評価手数料の計算例
例1-正会員A大学の場合
設置する学部 経済学部、法学部、理工学部
設置する大学院研究科 経済学研究科、法学研究科、理工学研究科
収容定員数 経済学部(2000名)、法学部(2000名)、理工学部(2000名)、 経済学研究科(50名)、法学研究科(50名)、理工学研究科(150名) 計6250名
<評価手数料>
大学として 2,000,000円
3学部設置 350,000円×3学部 = 1,050,000円
3研究科設置 350,000円×3研究科 = 1,050,000円
合計 4,428,000円
(消費税込)

例2-非正会員B大学の場合
設置する学部、大学院研究科の種類および収容定員が上記例1の場合
<評価手数料>
大学として 2,000,000円
3学部設置 350,000円×3学部 = 1,050,000円
3研究科設置 350,000円×3研究科 = 1,050,000円
上乗せ額
1年間の正会員費 700,000円×5年間 = 3,500,000円
合計 8,208,000円
(消費税込)

例3-非会員C短期大学の場合
設置する学部 保育学科、英文学科
収容定員数 保育学科(150名)、英文学科(300名) 計450名
<評価手数料>
短期大学として 2,000,000円
2学科設置 400,000円
上乗せ額
1年間の正会員費 200,000円×5年間 = 1,000,000円
合計 3,672,000円
(消費税込)

例2と3にある上乗せ額は、大学評価を受けた後正会員になることを希望し、正会員になることが認められたときは、翌年度以降5年間の会費は免除されます。 また、上乗せ額にも消費税は加算されます。


再評価に関する評価手数料について

再評価を受ける場合、上記同様、5月末までに下記の評価手数料を納入していただきます。

<平成28年度以降の認証評価で期限付適合と判定された場合>

(1)大学評価

1大学
1,000,000円

(2)短期大学認証評価

1短期大学
1,000,000円

<平成27年度以前の認証評価で期限付適合と判定された場合>

(1)大学評価

1大学
無料

(2)短期大学認証評価

1短期大学
無料


追評価に関する評価手数料について

追評価を受ける場合、上記同様、5月末までに下記の評価手数料を納入していただきます。
なお、認証評価において不適合と判定された大学が、評価受審したその翌年度に追評価を申請する場合、評価手数料の納入期限は7月末日となります。

<平成28年度以降の認証評価で不適合と判定された場合>

(1)大学評価

1大学
700,000円

(2)短期大学認証評価

1短期大学
700,000円

(3)専門職大学院認証評価

1専攻
700,000円
(1)~(3)の評価手数料には、追評価の内容に応じて、300,000円を上限として上乗せすることがあります。また、評価手数料には、別途消費税を申し受けます。
TOP