公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

短期大学認証評価

評価基準

「短期大学基準」は、10の基準からなり、「それぞれの短期大学の特徴や立場を尊重し、その改善・改革を促すという観点に立って、各短期大学の理念・目的を踏まえて、短期大学のあるべき姿を追求するための留意点を明らかにすることに主眼」を置いて設定されています。本協会の認証評価は、申請短期大学がこの「短期大学基準」に適合しているかどうかを判定することから、申請短期大学はこの「短期大学基準」の趣旨・内容を理解することが重要です。
また、10の基準は、それぞれ複数の「点検・評価項目」で構成されています。「点検・評価項目」は、その基準を満たすための要素で、これに基づいて、各短期大学は自己点検・評価をし、その結果を「点検・評価報告書」にまとめることになります。本協会の「短期大学基準」の特徴としては、10の基準のうち「理念・目的」及び「教育研究組織」を除く8基準において、「方針」が明確化されているかどうかを重視していることが挙げられます。方針とは、短期大学が掲げる理念・目的を達成するための諸活動の指針となるものです。評価する際には、諸活動が「方針」に沿って行われているかを分析することになるため、この方針は不可欠です。また、オプション項目である「特色ある取り組み」を設定することで、各短期大学の特色ある取り組みを積極的に評価して、その短期大学が個性、特徴をさらに伸長しうるようエンカレッジしていく立場をとっています。

 短期大学基準[資料1](1,059KB)

 短期大学認証評価 達成度評価・基盤評価の留意点[資料4](347KB)

本協会の短期大学認証評価では、短期大学に共通して求められる学校教育法や短期大学設置基準等法令要件が順守されているかの評価(基盤評価)を行った上で、理念・目的、教育目標を達成するために短期大学がどのような努力を払っているか、それがどの程度達成されているかという観点から評価(達成度評価)を行います。本資料は、評価者が基盤評価と達成度評価を行うにあたっての「留意点」をとりまとめたものです。
なお、評価者が、本「留意点」を適用するにあたっては、短期大学の設置形態、地域性及び学科・専攻科の特色などに留意しつつ取り扱うこととしています。


 短期大学評価委員会「評価に際しての指針」(437KB)

「評価に際しての指針」は、評価結果における提言(改善勧告、努力課題)等を付す際の目安として、短期大学評価委員会において定めたものです。
この「指針」は、短期大学評価委員会における判断事例を経年的に蓄積して、評価方法に一定の方向性を示すものです。
評価にあたっては、「短期大学基準」や「達成度評価・基盤評価の留意点」とともに、本「指針」も参照されます。
なお、毎年度、短期大学評価委員会において、本「指針」の見直しを行い、短期大学を取り巻く状況に応じて改定を実施しています。
本協会では、評価の透明性を高めるとともに、短期大学の改善に資するよう、本「指針」を公表しています。


TOP