公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

短期大学認証評価

概要

(1)認証評価の目的

本協会の認証評価の目的として、以下の2点を挙げることができます。
1) 各短期大学が個性、特徴を発揮し多様な発展を遂げることができるよう、短期大学の改善・改革を側面から支援する。
2) 認証評価をとおして、各短期大学の教育・研究の質を社会に対し保証する。

(2)認証評価の特徴

本協会の認証評価の特徴として、以下の6点を挙げることができます。
①内部質保証システムの有効性に着目した評価
短期大学には、教育・研究を中心とする諸活動について、自己点検・評価を通じて、適切な水準を維持し、質の向上を図っていくことが求められています。認証評価では、質の保証・向上を図るためのシステムが構築され、有効に機能しているかどうかを重視します。
②自己改善機能を重視した評価
認証評価に際して本協会が要請する自己点検・評価は、10の基準に基づいて、現状を把握し、それを分析して問題点や長所を洗い出し、問題点についてはその改善策を、長所についてはさらに伸張させるための方策を導き出すことが中心となります。こうした自己点検・評価を通じて、短期大学が改善・改革に取り組める評価、すなわち自己改善機能を重視した評価を実施しています。
③理念・目的、教育目標の達成度を重視した評価
認証評価は、短期大学に共通して求められる学校教育法や短期大学設置基準等の法令要件が遵守されているかどうかの評価(基盤評価)を行った上で、理念・目的、教育目標を達成するために短期大学がどのような努力を払っているか、それがどの程度達成されているかという観点から評価を行います(達成度評価)。
④特色ある取り組みの評価
短期大学が個性的で特色ある優れた取り組みを実施している場合には、これを積極的に評価し、申請短期大学の個性や特徴の一つとして社会にアピールします。
⑤ピア・レビューの重視
大学基準協会の認証評価は、短期大学の教育研究活動に十分な知識経験を有する教職員を中心とした(ピア・レビュー)を基本原則としながら、外部有識者の協力も得て、評価の客観性や透明性を高めていきます。
⑥短期大学への継続的な支援
認証評価を受けた短期大学に対し、評価終了後の3年後までに、評価結果で指摘された事項に対する「改善報告書」の提出を求めます。このようにして、本協会では、一定の周期ごとの認証評価を実施するにとどまらず、継続的な評価活動を通じて短期大学の改善を支援します。

(2)認証評価のプロセス

認証評価は、通常7年周期で実施されます。そのプロセスを示すと、次の図のようになり、大きく7つのステップを踏みます。
1)短期大学による自己点検・評価
短期大学は、「短期大学基準」に基づき設定された「点検・評価項目」ごとに自己点検・評価を行い、その結果を「点検・評価報告書」に取りまとめます。また、報告書を裏付けるために「短期大学基礎データ」及び根拠資料を準備し、指定期日までに本協会に提出します。
2)書面評価 3)実地調査
短期大学からの「点検・評価報告書」等の資料の提出を受けて、短期大学評価分科会で書面評価と実地調査を行い、短期大学を総合的に評価します。
4)「評価結果(委員会案)」の提示
短期大学評価委員会は、申請短期大学ごとに設置された分科会が書面評価と実地調査を通じて作成した「分科会報告書」をもとに「評価結果(委員会案)」を作成し、これを申請短期大学に送付します。申請短期大学は、「評価結果(委員会案)」に対して、事実誤認等がある場合に、意見申立をすることができます。意見申立があった場合、短期大学評価委員会はその意見の採否を検討し、その結果を踏まえ「評価結果(最終案)」を作成します。
5)「評価結果」の通知
短期大学評価委員会が作成した「評価結果(最終案)」は、理事会がその検討を行い最終決定します。最終決定した「評価結果」は、申請短期大学に通知され、文部科学大臣に報告されるとともに、本協会のホームページ等を通じて公表されます。また、評価の結果、「短期大学基準」に適合していないと判断された場合(「不適合」)、または、認定の期間を3年に限定されている場合(「期限付適合」)に、その結論の基礎となっている事実について、誤認があれば異議申立をすることができます。
6)「評価結果」に対する短期大学の対応・改善報告書の作成
本協会の認証評価の目的・特徴の1つは、短期大学による報告に基づいて認証評価後の改善状況を検討するというアフターケアを通じて、短期大学の改善・改革を継続的に支援することにあります。これを行うために、本協会は、「評価結果」において提言をした「努力課題」または「改善勧告」に対する対応状況を、3年以内に改善報告書として提出することを求めています。
7)改善報告書の検討
本協会は、短期大学からの改善報告書の提出を受けて、その検討を行います。その結果、改善が不十分であると判断した場合、必要に応じて再度「報告」を求めます。こうした再度報告に対する改善状況については、次の認証評価時に検証されます。
TOP