公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
入会のご案内
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

入会のご案内

会員の種類

大学基準協会の会員には、協会の加盟審査に合格し、正式なメンバーシップの地位を得た正会員と、本協会の設立趣旨に賛同して事業を賛助していただく賛助会員の2種類があります。

入会手続

正会員

正会員としての加盟をご希望の場合は、まず、大学(四年もしくは六年制大学、大学院大学及び短期大学)として申請資格充足年度(完成年度+1年)を経過している必要があります。次に、大学においては、本協会の「大学評価」を、短期大学においては、「短期大学認証評価」をお受けいただく必要があります。その評価結果によって、正会員としての加盟が認められることになります。
つきましては、「大学評価」及び「短期大学認証評価」の申請手続きに従ってください。

賛助会員

賛助会員としての入会をご希望の場合は、設置者の別に関係なく、賛助会員になることができます。
下記の「賛助会員加入申込書」並びに「加入申込要項」に必要事項をご記入の上、協会事務局にお送りください。
申込書受理後の理事会で承認されますと、同日付で賛助会員の資格が認められます。
<提出書類>
賛助会員加入申込書(24KB)
加入申込要項(29KB)

年会費

正会員

正会員としての年会費(正会員費)は、毎年4月1日現在の、正会員大学が設置する学部・大学院研究科・専門職大学院の収容定員の合計、または、正会員短期大学が設置する学科・専攻科の収容定員の合計に基づき、定められています。なお、正会員資格は加盟審査を受けた翌年度4月1日付で認められます。正会員費を納入する義務は正会員資格が認められた年度から発生します。
収容定員 正会員費(年額) 収容定員 正会員費(年額)
1,000人未満 200,000円 10,000人未満 800,000円
2,000人未満 350,000円 15,000人未満 900,000円
3,000人未満 500,000円 20,000人未満 1,000,000円
5,000人未満 600,000円 30,000人未満 1,100,000円
8,000人未満 700,000円 30,000人以上 1,200,000円
※1 専ら、通信による教育を行う大学、大学院、短期大学の収容定員は、7分の1として上表を適用します。
※2 通学課程に併せて通信による教育を行う学部・学科、大学院研究科、短期大学の学科の収容定員は、15分の1として上表を適用します。
※3 正会員でない大学が、大学評価を受けた後、正会員になることを希望し正会員になることが認められたときは、翌年度以降5年間の会費を免除します。

<正会員費の計算例> 〔 〕内は収容定員を表す

例1−A大学の場合
<通学課程>
経済学部〔1,600名〕、法学部〔1,600名〕、理工学部〔800名〕
経済学研究科〔130名(修士課程100名、博士課程30名)〕
法学研究科〔130名(修士課程100名、博士課程30名)〕
理工学研究科〔210名(修士課程180名、博士課程30名)〕
<通信課程>
なし
<正会員費>
4,470名→600,000円
例2−B大学の場合
<通学課程>
経済学部〔1,600名〕、法学部〔1,600名〕、理工学部〔800名〕
経済学研究科〔130名(修士課程100名、博士課程30名)〕
法学研究科〔130名(修士課程100名、博士課程30名)〕
理工学研究科〔210名(修士課程180名、博士課程30名)〕
<通信課程>
経済学部〔6,000名〕、法学部〔4,000名〕
<正会員費>
4,470名(通学課程)+10,000名×1/15(通信課程)=5,136名(※)
→700,000円  ※小数点以下切捨て
例3−C大学の場合
<通学課程>
なし
<通信課程>
文学部〔2,000名〕、経済学部〔2,400名〕、法学部〔2,400名〕
<正会員費>
6,800名×1/7(通信課程)=971名(※)
→200,000円  ※小数点以下切捨て

賛助会員

賛助会員費は年額10万円となります。会費は年度ごとに納入していただくことになります。

なお、本協会定款をはじめとする関連諸規程につきましては、本ホームページ上に掲載してありますのでご覧ください。

TOP