公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
刊行物・公表資料
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

刊行物について

大学職員論叢

年1回発行・B5判。
第4号(2016年3月発行)

(本体1,200円+税)

巻頭言  
大学改革を推進するための大学職員の役割 上杉 道世
寄稿 論文(特集 大学職員の専門性と求められる能力)  
大学職員の専門性と人材育成に関する視座 秦  敬治
教務人材の育成の現状と課題
-人事担当責任者への全国調査から-
上西 浩司
国際教育交流担当者の専門性と職能開発 渡部 留美・星野 晶成
研究推進・支援職員の専門性と能力養成のあり方 小澤 芳明
学生支援を担当する職員に求められる能力とその開発
-専門職の配置と専門性の向上を巡って-
橋場  論
私立大学における財務部職員の専門性と人材育成 永和田隆一
投稿 論文  
組織文化に基づく大学職員試論 各務  正・山本 淳司・
秦  敬治・山﨑 その
認証評価の枠組みから見る大学職員育成の現状
-大学基準協会による大学評価を対象に-
栃木 哲朗
大学職員に対する大学院教育の効用に関する一考察
-職能開発と自己啓発の狭間で-
安田 誠一
投稿 事例報告  
SD活動を通じて見えてきた横浜国立大学の防災の現状 篠原  維・岡安 和人・
鈴木 雄二・高橋龍太郎・
寺尾  喬・松澤 卓・
吉野  剣
書 評  
江原武一 著『大学は社会の希望か-大学改革の実態からその先を読む-』(東信堂、2015年2月) 林   透
水戸英則 編著『今、なぜ「大学改革」か?-私立大学の戦略的経営の必要性-』(丸善プラネット株式会社、2014年9月) 篠田 道夫
佛淵孝夫 著『大学版IRの導入と活用の実際』(実業之日本社、2015年2月) 髙田 英一
書評へのリプライ  
「書評へのリプライ」質問への回答
~失敗事例の背後にある幅広い大学職員論と人材育成の解明~
澤谷 敏行・五藤 勝三・
河口  浩
大学事務組織研究のすすめ
~『大学事務組織の強化書』に対する書評へのリプライ~にかえて
寺尾  謙
2014(平成26)年度 大学基準協会 職員研修プログラム 実施一覧 大学基準協会事務局
2014(平成26)年度 大学基準協会 研修修了者の声 加藤 慎司・加藤 正司・
田名網由紀・仲原健太朗
大学職員日誌(2014(平成26)年4月~2015(平成27)年3月) 山口  豪

Back Number(本文は第3号以降)

第1号~第3号(目次のみ)(291KB)
第3号/2015年3月(本文)

※こちらの資料の閲覧は、会員専用となります。

TOP



『大学職員論叢』投稿について

『大学職員論叢』編集規程(抜粋)
第3条 本誌は、わが国内外の大学職員の資質向上に関わる基礎的・実践的理論の確立に貢献し、その成果を、広く大学関係者に啓発するとともに、大学職員の実務に活用することを目的に刊行する。
第7条 本誌は、第8条第1項各号に定める分野の投稿原稿及びその他の原稿からなる。
前項に定める本誌への投稿資格は、本協会の正会員校に属する常勤又は非常勤の教職員及び本協会事務局職員等が有するものとする。ただし、編集グループが特に認めた場合は、この限りではない。
第8条 本誌に掲載される原稿は、次の各号の分野に属するもので、未発表のものとする。
大学職員等の実務
大学職員等のスタッフ・ディベロップメント
大学職員等のキャリア形成
大学職員等の制度
大学職員等の歴史
その他の関連分野
第9条 本誌に掲載される原稿の基本的な分類枠は、次の通りとする。
論文(具体的な研究成果をまとめたもの)
書評・紹介(書籍、論文、翻訳並びに政府・審議会などからの報告書を含む文献の評論・紹介)
職員研修会の記録(本協会が主催した職員研修会などの記録)
その他編集グループの認めたもの
第10条 投稿原稿は、原則として査読を行わず、掲載することとする。ただし、投稿原稿が、同一執筆者によって執筆され(その一部が執筆された場合を含む)、すでに他誌等で審査中又は掲載予定となっているものと同一又は著しく類似しているものであることが明らかとなった場合、これを採用しない。また、投稿原稿が、第3条又は前2条の規定に沿わないと編集グループが判断する場合、これを採用しないことがある。
投稿原稿の掲載にあたっては、編集グループは、表記統一を図るため原稿の表記を変更することがある。ただし、内容等に重大な変更を加える必要があると判断される場合、執筆者と予め協議するものとする。
原稿の執筆要領については、別に定める。
第11条 本誌に掲載された論文等の著作権は、本協会に帰属するものとする。
本協会は、原稿の執筆者から転載の申し出があった場合は、これを許可することができる。
本協会は、原稿の執筆者以外の者から転載の申し出があった場合は、これを許可することができる。その際、必要に応じて執筆者の意向を聞くものとする。
第12条 本誌は、刊行から一定期間の後に、原則として電子化(PDF化)し、本協会のホームページ等を通じ、本協会の正会員校に限ってこれを公開する。
ただし、編集グループが特別の事情を認めた場合は、公開しないことがある。
様式等については、以下の要領・基準によります。原稿の送り先、ご投稿については、以下の編集規程等をよくお読みの上、下記までご連絡ください。 
連絡先:大学基準協会 編集グループ
公益財団法人大学基準協会『大学職員論叢』編集規程はこちらです。(150KB)
『大学職員論叢』原稿執筆要領はこちらです。(5KB)
『大学評価研究』原稿執筆基準はこちらです。(57KB)
TOP